1972創業、障害者雇用のパイオニア 社会福祉法人 東京コロニー 東京都葛飾福祉工場
アクセシビリティ サイトマップ リンク トップページ
文字サイズ標準大

事業所案内

事業所案内

東京都葛飾福祉工場とは・・・

車いすで微笑む女性の写真東京都葛飾福祉工場は、1972年(昭和47年)、障害のある人の職業対策の一環として東京都により開設された、国内初の身体障害者福祉工場です。開設から40数年、防災・避難用品の製造販売、縫製、封筒印刷等の事業を通じ、一貫して障害のある人の社会的・経済的自立を担ってきました。2012年(平成24年)4月には東京都からの民間移譲と障害者自立支援法(現・障害者総合支援法)の施行により、法人立の多機能型障害福祉サービス事業所に移行し、より多様な事業運営と地域に密着したサービスの拡充に努めています。

概要

2017年7月現在

名称 社会福祉法人東京コロニー 東京都葛飾福祉工場
代表者 所長 鬼頭 克介
創業 1972年(昭和47年)4月
在籍者数 120名
主な事業内容
  • 防災・避難用品の製造、企画、販売
  • 封筒製造・販売
  • 縫製品製造・販売
  • 多機能型障害福祉サービス事業
主要事業所 金町工場 〒125-0042 東京都葛飾区金町2-8-20(Googleマップ
立石工場 〒124-0012 東京都葛飾区立石8-50-1(Googleマップ
多摩営業所 〒183-0011 東京都府中市白糸台1-31-5 鹿島ビル1F
八潮配送センター 〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目1031-1(Googleマップ

本館完成予想図  別館  立石工場
左から、金町工場本館、別館、立石工場

沿革

1972年(昭和47年)  4月 東京都葛飾福祉工場 開設
金町工場 竣工 国内初の身体障害者福祉工場として出発
三角消火バケツ(現・ファイアマンW)の製造販売を開始
1985年(昭和60年)  7月 立石工場 竣工 封筒印刷事業を開始
1985年(昭和60年)12月 金町工場にて縫製事業を開始
1991年(平成03年)  3月 多摩営業所 開設
2003年(平成15年)  5月 埼玉県八潮市に配送センターを設置
2012年(平成24年)  4月 東京都からの民間移譲に伴い、
法人立の多機能型障害福祉サービス事業所に移行
2013年(平成25年)  1月 障害福祉サービス事業所における「在宅就労(雇用)」を導入
2016年(平成28年)  6月 新工場 竣工(金町工場)
2016年(平成28年)12月 天皇皇后両陛下 障害者週間にちなみ行幸啓

▲ページの先頭へ戻る