2018~2019 防災・避難用品カタログ
3/92

22Contents避難用品震度7■6強■6弱■5強■5弱■4以下■首都中枢への影響が大きい都市南部直下地震の震度分布想定さいたまさいたま東京東京千葉千葉横浜横浜20km20km死者負傷者全壊・焼失建物停電断水経済的被害帰宅困難者避難者災害廃棄物2万3000人12万3000人61万棟1220万軒1440万人95兆3000億円800万人(ピーク時)720万人9800万トン首都直下地震の主な被害想定※いずれも都心南部直下地震で推計した最大値30年以内にM7級の首都直下地震が発生する確率は70%参考資料:読売新聞 毎日新聞2013年12月、中央防災会議は30年以内に発生する確率の高い、マグニチュード7級の新たな地震モデルに基づく被害想定をまとめた報告書を発表しました。東京都心南部を中心に震度6強~7の揺れに見舞われた場合、火災や建物倒壊などによる死者は最大約2万3000人。経済被害は最大で約95兆円に上ると予測されます。被害の最大値は、冬の夕方、風速8メートル下で都心南部を震源とするM7・3の地震が発生した場合で、火災延焼が2日程度続き、約61万棟の建物が全壊・焼失。企業の本社機能が衰え経済活動が停滞し、交通マヒが数日間継続。さらに国家の運営機能が一時低下するなど、首都災害ゆえの深刻な被害も予想されています。大地震に対する防災対策をより確実なものにするためには、まず災害発生に対するしっかりとした備え、災害直後に避難しなければならない場合の救出・救命活動、避難生活における衣・食・住、そして衛生対策・トイレ対策までトータルに考えて準備をしなければなりません。本カタログでは災害時の各段階において必要とされる、選びぬかれた用品・用具を順を追って掲載しています。それぞれの家庭や組織の状況に合わせて十分な備えを心がけてください。助ける救出用工具救出用工具セット、救出用工具各種、………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………33合図灯、誘導用ロープ、脚立、はしご投光機・発電機投光機、電工ドラム、ジャッキ、チェンソー、……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………35発電機、灯油缶詰、ガソリン缶詰、ガソリン携行缶水害対策用品ゴムボート、ライフジャケット、………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………37止水パネル、水のう、土のう、防水シート救急セット・衛生用品救急セット、トリアージタッグ・シート、遺体収納袋、…………………………………………………………………………………………………………………………………………39消毒用品、シャンプー、ウェットティッシュ、ウェットタオル、三角巾肌着セット・オムツ・生理用品………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………41非常持出袋………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………42帰宅困難者対策セット携帯トイレ、サバイバル・ウォーク・マニュアル……………………………………………………………………………………………………………………………………………………43帰宅困難者キット、帰宅困難者食品セット、…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………44マスク、ゴーグル、踏抜き防止インソール、ポケットコート、多機能ナイフ避難セット避難セット各種、わが家の防災対策、防災手帳……………………………………………………………………………………………………………………………………………………45

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る