1972創業、障害者雇用のパイオニア 社会福祉法人 東京コロニー 東京都葛飾福祉工場
アクセシビリティ サイトマップ リンク トップページ
文字サイズ標準大

大見出しサンプル

バックナンバーを読む

「三角バケツ」から  
~第四章  11月19日は何の日?「日常備蓄」考~

2015.11.12

11月19日は何の日でしょうか。11月19日は「備蓄の日」(年に度は、びち()く(9)の確認)です。東京都が、家族で備蓄を確認するきっかけとなるように設けられました。

三角バケツの写真備蓄と聞くと何か特別な物、非日常的な物と思いがちですが、日常の延長にある物が備蓄です。普段のスーパーやコンビニでの買い物が万が一の災害に対する「備え」になるのです。少し多めに購入し、食べる・使う循環サイクルシステムのメリットは、費用面、スペース、常日頃の防災に対する意識作り等ですが、プラスアルファとして、従来の長期保存備蓄とのコラボレーションも重要だと思います。「日常備蓄か長期保存備蓄か」ではなく、両方のメリットを活かした相乗効果こそが、いつ起こるかわからない災害に対する防波堤になると思います。

実際に、毎日、防災に対する意識や心掛けをするというのは大変な事です。11月19日だけでなく、防災を意識した時、思い出した時こそが、人それぞれの「備蓄の日」です。

「11月19日、備蓄の日」をきっかけに自分自身の「My(マイ)備蓄の日」を作ってみてはどうでしょうか。

従来の「9月1日、関東大震災、防災の日」「1月17日、阪神淡路大震災、防災とボランティアの日」そして「3月11日、東日本大震災」を機会に、定期的に確認をするのも有効な方法ですが、自分や家族の誕生日、記念日を機会にするのも、日常備蓄の考え方と符合すると思います。

「日常備蓄」を是非とも実行しましょう!

参考サイト:
東京都防災ホームページ > 都民の備蓄推進プロジェクト
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1001855/index.html

避難セット

日頃から家族・組織単位で防災ミーティングを開いて
非常時の役割分担、避難経路・避難場所などの確認をしておきましょう。

避難21セット 避難ホームセット
左から:避難21点セットPDFファイル避難ホームセットPDFファイル

さまざまな保存食セット

被災直後、どこでも手軽に食べられるカンパン・ビスケット・パンの缶詰は必需品です。
栄養のバランスを考えて組み合わせた保存食セットも便利です。

保存食5年サポートセットⅡ保存食5年セレクトセット2保存食ONE DAYセット (約3食分)保存食バラエティセット2 (約9食分)

左から右:保存食5年サポートセットII(約1日分)PDFファイル保存食5年セレクトセットII(約3日分)PDFファイル
保存食ONE DAYセット (約3食分)PDFファイル保存食バラエティセットII(約9食分)PDFファイル

バックナンバーを読む

日頃の備えで家庭や企業の被害を最小限に

いつかやってくる大地震に備え、家庭でしておくべきことは、家具の転倒防止消火器の設置、火災から身を守る防炎寝装品や防炎カーテンの取り付け、避難する場合の必需品をまとめた避難セットや簡易トイレの準備、家族構成に合わせた保存食糧3日分の備蓄、避難する場所や連絡方法を決めておくことなどです。また企業では、書類棚やOA機器などの転倒落下防止、建物が倒壊した場合の救助・脱出用具大人数での避難生活用品を備えるなどそれぞれのオフィス環境に適した防災対策をしておくことです。従業員を守り、事業活動を早期に再開できるようにしましょう。
さらに、どんなときに地震にあっても冷静に行動するための心構えをしておくことも大切です。防災10カ条を覚え、規律ある行動をとって災害に対処するようにしましょう。